冬タイヤの基礎知識

  • TOP
  • 冬になったらスタッドレス
  • 冬の安全運転アドバイス
  • タイヤをチェックしてみよう
  • スタッドレスタイヤなんでもQ&A
  • お役立ちカーグッズ

タイヤをチェックしてみよう

タイヤをチェックしてみよう

しっかり点検して、冬道を安全に走りましょう! スタッドレスタイヤの性能をフルに引き出すには、こまめな点検が必要です

空気圧を点検しましょう

空気圧は、夏の保管中にも冬の使用中にも、自然に減少していきます。空気圧が低いと燃費は低下し、また高すぎてもその性能を十分に発揮できません。適正空気圧はクルマの運転席側のドア付近に書かれていますので、しっかり確認してください。

タイヤの減り具合をチェックしましょう

スタッドレスタイヤは溝の深さが新品の半分まで摩耗すると、冬用タイヤとして使えなくなります。溝の深さを点検するプラットホームは、タイヤサイド4カ所 の矢印(↑)部分のトレッド(接地)面にあります。また溝に100円玉を差し込んで1の字が見えたら残り半分(ほぼ5mm)以下ということになるので、要注意です。

プラットフォーム

タイヤの硬度をチェックしましょう

スタッドレスタイヤが滑りにくいのは、柔らかいゴムが路面に密着するから。だからゴムが硬くなったら、溝があっても十分な効きは得られなくなります。硬度計のあるお店なら簡単にチェックできるので、ぜひ点検してください。

硬度計

タイヤの保管場所・方法にも注意しましょう

タイヤの保管は直射日光や雨が当たらない場所にしましょう。油類や熱源などの近くでの保管は危険なので、絶対避けましょう。またタイヤとホイールをセットで保管する場合は、横に置くようにすると接地部の変形を抑えられます。

定期的な点検を習慣づけましょう

空気圧、硬度、摩耗状態、異物が挟まっていないか、ひび割れがないかなどは、乗車前にチェックするのがベスト。安全のために定期的に点検する習慣をつけておきましょう。

実際にタイヤを点検してみよう!

  • ■空気圧は適正ですか?

    ●タイヤの空気が抜けて、たわんでいませんか?
    ●タイヤ交換、または前回の空気充填から1カ月以上たっていませんか?
    ※サイドウォールが薄いロープロタイヤは空気圧不足が分かりづらいのでご注意ください。

  • ■また、装着しているタイヤだけでなく、スペアタイヤも同時にチェックしてみてください。
  • ■タイヤの溝の深さは十分ですか?(5mm以上ありますか?)
  • ■タイヤにキズやひび割れはありませんか?
  • ■釘などの異物が刺さっていませんか?
  • ■タイヤに異常な摩耗は見られませんか?
  • ■タイヤの柔らかさは十分ですか?

    (溝が十分あっても柔らかさがないと冬用として使用できません)

※ チェックして1つでも異常があった場合は、お近くのタイヤ取扱店までご相談ください。

店舗を探す店舗を探す

ブリヂストンは4つのタイプの店舗を全国に展開し、
良質な製品とサービスをお届けしています。

お近くのタイヤショップを探す外部リンク

BRIDGESTONE COCKPIT タイヤ館 ミスタータイヤマン BRIDGESTONE COCKPIT タイヤ館 ミスタータイヤマン
タイヤの選び方

シェア