進化を遂げた、グレートバランス。 進化を遂げた、グレートバランス。
  • 推奨車種
  • セダンセダン
  • コンパクトコンパクト

REGNO GR-XⅡ は
全サイズ「低燃費タイヤ低燃費タイヤ」です。

転がり抵抗係数:AA、ウェットグリップ性能:b 30サイズ
転がり抵抗係数:AA、
ウェットグリップ性能:b
31サイズ
転がり抵抗係数:A、ウェットグリップ性能:b 38サイズ
転がり抵抗係数:A、
ウェットグリップ性能:b
38サイズ

※ラベリング表示とグレーディングの詳細は、一般社団法人日本自動車タイヤ協会のホームページをご覧ください。

採用技術はこちら

特徴

1新品時・摩耗時ともに
上質な静粛性を実現【SILENCE】

様々な路面でのノイズ抑制が進化。 更に、摩耗時も静粛性が持続。

REGNOは静かで快適な車内空間を追求するため、"路面ごと"の音の違いに着目。進化したサイレントテクノロジーにより、荒れた路面と滑らかな路面、それぞれのノイズ抑制を実現し、静粛性を向上。さらに、通常はタイヤの摩耗度に比例して大きくなるノイズに対し、REGNO GR-XIIは摩耗時でも高い静粛性を維持するために、新たなトレッドパタン技術を開発。飽くなき技術の探究により、REGNOは更に上のステージへ。

  • 新品時の騒音エネルギー低減率※1

    ●静粛性(荒れたアスファルト舗装路)

    荒れた路面で気になりやすい、ロードノイズ(低周波)を低減

    ●静粛性(スムーズなアスファルト舗装路)

    滑らかな路面で気になりやすい、パタンノイズ(高周波)を低減

    新品時の騒音エネルギー低減率※1 新品時の騒音エネルギー低減率※1
  • 60%摩耗時の騒音エネルギー低減率※2

    ●静粛性(スムーズなアスファルト舗装路)

    GR-XⅡは走行を重ねても静粛性が低下しにくい

    60%摩耗時の騒音エネルギー低減率※2 60%摩耗時の騒音エネルギー低減率※2

“路面ごと”の音の違いに着目 ロードノイズとパタンノイズ

「ロードノイズ」とは
タイヤと路面が接地することによって
発生する振動がタイヤサイド部を伝わり
車内へと聞こえる「ゴー」「ガー」
といった低周波音域の音のことです。

「パタンノイズ」とは
パタンデザインに起因する音で、
「ヒュー」「シャー」といった
高周波音域の音のことです。

"路面ごと"の音の違いに着目 ロードノイズとパタンノイズ "路面ごと"の音の違いに着目 ロードノイズとパタンノイズ

静粛性を更に進化させたサイレントテクノロジー

ロードノイズを低減し、
荒れた路面で静かな走行を実現。

ノイズ吸収シートⅡ

地面からの振動により引き起こされるベルトの振動がノイズとなり、車内に伝わっています。「ノイズ吸収シートⅡ」がベルトの振動を抑え車内へのノイズの伝わりを低減し、静かな走行を実現。

3Dノイズカットデザイン

ショルダー部にクッション効果をもたせ、トレッド部からの振動をやわらげサイド部へ伝わりにくくし、ロードノイズを低減。

ノイズ吸収シートⅡ

パタンノイズを低減し、
滑らかな路面で高い静粛性を発揮。

Cシークレットグルーブ

A3Dノイズ抑制グルーブ

BサイレントACブロック

新品時の気柱管共鳴音を低減

A3Dノイズ抑制グルーブ

1つの消音器で2本の溝の気柱管共鳴音を低減することができる「ダブルブランチ型消音器」を採用することで、更なる静粛性向上を実現。

「消音器を搭載していない」タイヤの接地面

「ダブルブランチ型消音器を搭載した」タイヤの接地面

1つの消音器で2本の溝の
共鳴音を低減(消音器は黄色)

BサイレントACブロック

ブロック表面を三次元局面にすることで、路面とブロックの接地により発生するノイズを吸収。摩耗時の静粛性までも向上。

接地時に音の出にくい
静粛性向上の最適化形状

摩耗時の気柱管共鳴音を低減

Cシークレットグルーブ

摩耗後も消音効果を発揮させるため、摩耗推移に応じて形状が変化する消音器を新たに開発。摩耗後もブランチ型消音器による気柱管共鳴音の低減が持続する。

グルーブの体積と深さを最適化

タテ溝とのつながりと消音器の体積を確保

摩耗中期以降もブランチ型消音器が機能
するパタン形状を新たに開発。
60%摩耗時においても気柱管共鳴音を
しっかりと低減することでREGNOの
上質な静粛性を実現。

静粛性を更に進化させたサイレントテクノロジー 静粛性を更に進化させたサイレントテクノロジー

2優雅な乗り心地と応答性の
良いハンドリングを両立【STABILITY】【DRY】【COMFORT】

優雅な乗り心地の進化

路面との接地形状の最適化により、突起乗り越し時の衝撃を軽減。

●突起乗り越しのタイヤ上下軸力※1

突起乗り越し時の衝撃が少ない

●乗り心地(接地圧分布比較)※2

接地端部をなだらかにし、突起からの衝撃が分散されることで、乗り心地が更に向上

突起乗り越しのタイヤ上下軸力※1 突起乗り越しのタイヤ上下軸力※1

応答性の高いハンドリングとの両立

ブリヂストン独自技術ULTIMAT EYE™(アルティメット アイ)と、ふらつきを抑制する非対称パタンにより、好評であったGR-XI同等の高い操縦安定性と直進安定性を確保し、優雅な乗り心地と高い運動性能を両立。

ULTIMAT EYE™(アルティメット アイ)によるタイヤ接地面に発生するコーナリング力分布のシミュレーションと、計測・可視化技術の最適化により、高い操縦安定性を実現。

●応答性とは…

レーンチェンジの時などに、
ハンドル操作に対して
車体の向きが
すばやく変わる

車両のふらつきが
少ない

●操安性(コーナリング力分布比較)※3

ULTIMAT EYE™によるタイヤ接地面に発生するコーナリング力分布のシミュレーションと、計測・可視化技術の最適化により、高い操縦安定性を実現。 ULTIMAT EYE™によるタイヤ接地面に発生するコーナリング力分布のシミュレーションと、計測・可視化技術の最適化により、高い操縦安定性を実現。

非対称形状

タイヤのIN側とOUT側のサイド形状が異なる「非対称形状」を搭載。路面の段差やうねり等の外乱入力による横力変動を抑制。高い直進安定性を確保。

レグノサイドチューニング

静粛性を犠牲にすることなく
ふらつきを抑制

非対称パタン

「センタープレーンリブ」採用により
高い操縦安定性を実現

サイプ基調のショルダーブロックを採用することで、静粛性を向上。

高剛性ブロックを配置することで剛性を高め、高い操縦安定性を確保。

非対称形状/非対称パタン 非対称形状/非対称パタン

3低燃費・ライフ・ウェット性能
を高次元でバランス【ECO-LIFE】【WET】

ナノプロ・テック™によるゴムの進化と、トレッド形状の最適化が、
「GREAT BALANCE」の名にふさわしい総合性能を高次元で実現。

■ゴムの進化による総合性能の実現

ナノプロ・テック™技術を駆使し、2種類のポリマーを組み合わせることでシリカを細かく分散し、シリカ同士の擦れ合いによるエネルギーロスの低減に成功。耐摩耗性・ウェット性能を確保しながらも更なる低燃費性能の向上を実現。

ライフ性能+ウェット性能+低燃費性能

■耐摩耗最適化形状

トレッドショルダー部形状の
最適化を図り、接地圧を均等に
することで高い耐偏摩耗性を
実現。

■3D-M字サイプ

ブロック倒れ込み抑制効果に
より、高い耐偏摩耗性を実現。

●転がり抵抗比較※4(値が小さい方が良)

●摩耗寿命比較※5

■サイドデザイン

分銅繋ぎ

REGNOブランドの象徴として、古来から縁起物とされてきた美しい“分銅繋ぎ(ふんどうつなぎ)”デザインをGR-XIより踏襲。車の足元を優美に演出。

LUXBLACK™(ラックスブラック)※一部サイズに搭載

最先端の微細加工技術により、鮮やかな黒のコントラストを実現。漆黒のロゴがプレミアムなREGNOブランドを一層際立たせる。

ナノプロ・テック™によるゴムの進化と、トレッド形状の最適化が、「GREAT BALANCE」の名にふさわしい総合性能を高次元で実現。 ナノプロ・テック™によるゴムの進化と、トレッド形状の最適化が、「GREAT BALANCE」の名にふさわしい総合性能を高次元で実現。

こちらの情報は2021年1月現在のものです

製品ラインアップ

  • REGNO GR-XII REGNO GR-XII  

    上質な静粛性能、優雅な乗り心地、冴えわたる運動性能。洗練されたグレートバランスが、最高の走りを追求。

  • REGNO GRVII REGNO GRVII  

    音楽や会話が穏やかに満ちてくる、静かで快適な乗り心地。ミニバンは心やすまるリビング空間に近づいてくる。

  • REGNO GR-Leggera REGNO
    GR-Leggera
     

    "REGNO"の名を持つに相応しい性能を持つ軽自動車専用GR-Leggera。ワンランク上の静粛性、乗心地であなたの車はタイヤで変わる。

店舗を探す店舗を探す

ブリヂストンは4つのタイプの店舗を全国に展開し、
良質な製品とサービスをお届けしています。

お近くのタイヤショップを探す外部リンク

BRIDGESTONE COCKPIT タイヤ館 ミスタータイヤマン BRIDGESTONE COCKPIT タイヤ館 ミスタータイヤマン
店舗を探す