Tire Solution®サービス、商品から探す

リトレッドタイヤ

リトレッドタイヤとは

リトレッド
リトレッドタイヤとは

一次寿命が終了したタイヤのトレッドゴム(路面と接する部分のゴム)の表面を決められた寸度に削り、その上に新しいゴムを貼付け、加硫し再利用(リユース)するものです。台タイヤを再利用できるので省資源に貢献します。

※ゴムを加工する際に、硫黄および圧力・熱を加え、弾性や強度を確保する工程のこと。

リトレッドタイヤの種類

リトレッドタイヤには、プレキュア製法とリ・モールド製法と呼ばれる2つの製造方法があります。

プレキュア製法
Pre-cure(COLD加硫方式)

低燃費パタンを
幅広くラインアップ

プレキュア製法
加硫缶にて低温加硫

あらかじめ加硫してあるトレッドゴム<プレキュアトレッド>(タイヤの溝が既についています)を貼付け、加硫缶の中で加硫接着させる方法

※ゴムを加工する際に、硫黄および圧力・熱を加え、弾性や強度を確保する工程のこと。

リ・モールド製法
Re-mold(HOT加硫方式)

低燃費パタンも含め、
多彩なパタンをラインアップ

リ・モールド製法
金型にて高温加硫

未加硫の生ゴム(タイヤの溝がついていません)を貼付け、金型(モールド)に入れて加硫し溝を付ける方法

安心、安全を追求した品質管理と高度な製造技術

プレキュア製法のご紹介

お客様のすり減ったタイヤをお預かりします

  1. 1. 台タイヤ検査工程《安心な台タイヤだけを選別します》

    1. ①受入れ検査
      ①受入れ検査

      目視と触診によりタイヤの内面と外面を徹底的に検査

    2. ②NDT検査
      貫通キズがあるとスパークして電流が流れる

      高電圧装置により
      タイヤの貫通キズを検査

    3. ③シアロ検査
      損傷があると赤枠のようにモニターに表示される

      シアログラフィー検査機器により外観では判断できないタイヤ内部の損傷を検査

  2. 2. トレッド 貼付工程 《高度な技術で新たなトレッドを再生します》

    1. ①パフィング
      ①パフィング

      台タイヤ表面のトレッドゴムを削り取り接着面を形成

    2. ②トレッドゴム貼付
      ②トレッドゴム貼付

      高品質の接着ゴムを貼付けた後、パタンが予めついたトレッドゴムを貼付け

    3. ③加硫
      ③加硫

      加硫缶の中で熱と圧力を加え、トレッドゴムと台タイヤを接着

  3. 3. 製品検査工程 《厳しい品質管理をクリアした製品だけが出荷されます》

    1. ①製品検査
      ①製品検査

      完成したタイヤを厳しい品質基準に基づき入念に検査

    2. ②耐圧検査
      ②耐圧検査

      使用条件相当の空気圧を充填し検査

高品質なリトレッドタイヤとしてお客様へ

リトレッドタイヤ ラインアップ

安心・安全をささえるブリヂストンの強み

Get ADOBE® READER®

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerはアドビシステムズ社より無償配布されています。

バン・小型トラック/バス用タイヤ

READY for 2050