最速を追及した、リアル・スポーツPOTENZA

ポテンザ アールイー・ナナイチアールエス POTENZA RE-71RS

For Real Sport

POTENZAストリートラジアル史上最速へのこだわりから生まれたRE-71R。
その系譜を受け継ぎ、更なる“最速”へのあくなき追求から生まれた
POTENZA RE-71RS
今、新たな“71”伝説が動き出す。

POTENZA RE-71RS

推奨車種:スポーツ

転がり抵抗係数:C ウェットグリップ性能:b/21サイズ
転がり抵抗係数:C
ウェットグリップ性能:b 21サイズ

※ラベリング表示とグレーディングの詳細は、
一般社団法人日本自動車タイヤ協会のホームページをご覧ください。

採用技術 ULTIMAT EYE(アルティメット アイ)、新L.L.Carbon、ウェット向上ポリマー、シリカ、高気密インナーライナー、リムガード、GUTT II、ジョイントレス・キャップ&レイヤー、O-Bead II、ユニディレクショナルパタン、5ピッチランダムバリエーション・ブロック配列、リブレットウォール ブリヂストンの独自技術(アイコンのご説明)

1サーキットで鍛え抜かれたドライグリップ

サーキット走行で想定されるタイヤと路面との接地面を見直し、車両旋回中 でも最大限の接地面積を確保し、更に路面に深く食い込むパタンとハイグリップポリマーを採用。

「最速」「平均」ともにラップタイムを大幅に短縮 ●ドライコース最速ラップタイム比較 RE-71RSはRE-71R従来品(当社)に比べてラップタイム(指数)を2.0%短縮 ● ドライコース平均ラップタイム比較 RE-71RSはRE-71R従来品(当社)に比べてラップタイム(指数)を1.1%短縮

2クルマとの一体感を高め、ドライバーの感性を刺激するステアリングフィール

ローアングルグルーブ、パタン配置最適化によりスポーツタイヤに相応しいハンドリング初期のレスポンスを向上。

3耐摩耗性能を向上

非対称トレッドプロファイル、スリックショルダーブロック採用によりハイグリップタイヤとして高い耐摩耗性、耐久性を実現。

●摩耗寿命比較 RE-71RSはRE-71R従来品(当社)に比べて摩耗寿命(指数)を5%向上
「最速」「平均」ともにラップタイムを大幅に短縮 ●ドライコース最速ラップタイム比較 RE-71RSはRE-71R従来品(当社)に比べてラップタイム(指数)を2.0%短縮 ● ドライコース平均ラップタイム比較 RE-71RSはRE-71R従来品(当社)に比べてラップタイム(指数)を1.1%短縮 ●摩耗寿命比較 RE-71RSはRE-71R従来品(当社)に比べて摩耗寿命(指数)を5%向上
高いコーナリンググリップ性能とロングライフ性能の両立。■非対称トレッドプロファイル トレッドプロファイルのゾーン毎の最適化を図り、コーナリング時の接地面積を増大かつ接地圧を均一化することで高いグリップとロングライフの両立を実現。■主溝配置最適化 太い2本の主溝をIN側に配置することで高い排水性を確保しつつ、OUT側のトレッドのブロック剛性を上げることで、コーナリング時の高いグリップを実現。 ■ローアングルグルーブ 低角度に溝を配置することで、横方向に対しての剛性を上げ、コーナリング時の高いグリップを実現。 ■スリックショルダーブロック OUT側ショルダー部のブロック剛性を上げることで、高いコーナリング限界走行性を実現。RE-71RSはより多くの面で接地グリップ力向上 路面凹凸との接地状態 路面との接地面積比較 RE71R対比111 RE-71RSは接地面積が広く、タイヤ全体でしっかり路面をつかむ。 高いコーナリンググリップ性能とロングライフ性能の両立。■非対称トレッドプロファイル トレッドプロファイルのゾーン毎の最適化を図り、コーナリング時の接地面積を増大かつ接地圧を均一化することで高いグリップとロングライフの両立を実現。■主溝配置最適化 太い2本の主溝をIN側に配置することで高い排水性を確保しつつ、OUT側のトレッドのブロック剛性を上げることで、コーナリング時の高いグリップを実現。 ■ローアングルグルーブ 低角度に溝を配置することで、横方向に対しての剛性を上げ、コーナリング時の高いグリップを実現。 ■スリックショルダーブロック OUT側ショルダー部のブロック剛性を上げることで、高いコーナリング限界走行性を実現。RE-71RSはより多くの面で接地グリップ力向上 路面凹凸との接地状態 路面との接地面積比較 RE71R対比111 RE-71RSは接地面積が広く、タイヤ全体でしっかり路面をつかむ。
  1. ※1 [テスト条件]タイヤサイズ:265/35R18 97W XL/空気圧:200kPa/試験車両:スバル BRZ DBA-ZC6 2000cc 後輪駆動/試験場所:筑波サーキットコース2000/ドライバー:当社委託プロドライバー
  2. ※2 [テスト条件]タイヤサイズ:215/45R17 91W XL/空気圧:240kPa/試験車両:トヨタ 86 DBA-ZN6 2000cc 後輪駆動/試験距離:8000km/ローテーション:2000km走行毎に実施
  3. ※3 [テスト条件]タイヤサイズ:215/45R17 91W XL/空気圧:240kPa/試験場所:当社技術センター室内のタイヤ動的接地面解析装置/試験方法:室内試験機上でタイヤを圧着し、タイヤ接地面に発生する接地状態を計測
  • ※上記テスト条件に関するさらに詳細なデータについてはタイヤ公正取引協議会に届けてあります。
  • ※試験結果はあくまでもテスト値であり運転の仕方によっては異なります。

こちらの情報は2020年1月現在のものです

おすすめコンテンツ

  • HOW TO ENJOY POTENZA RE-71RSは、こうして味方につける!!
タイヤの選び方

シェア