Tire Solution®

輸送ビジネスを支える「断トツサービス

高品質なメンテナンス技術とリトレッドサービスで、
より安心・安全で生産性の高い運行業務をサポートします。

*企業としての目標

摩耗したゴム部分を貼り替えて再利用するリトレッドサービス

  • 環境負担低減
  • 経費削減

資源を有効に活用し、廃タイヤを削減

お客様が大事に使われたタイヤを間接的・直接的にお預かりし、リトレッドしてまた使えるようになったタイヤをお届けするサービス。摩耗した部分以外の「台 (ケース)」となるタイヤ骨格をリユースすることで、新品タイヤに比べて原材料 の使用量が1/3以下に抑えられるため、資源を大切に使うことによる資源生産性に大きく貢献し、その結果CO2削減につながります。

リトレッド
資源を有効に活用し、廃タイヤを削減

※日本自動車タイヤ協会編「タイヤのLCCO2算定ガイドラインVer2.0」をもとに、トラック・バス用タイヤ(275/80R22.5)にて算出した数値です。
使用原材料における新規資源使用量と原材料調達、生産、流通、販売、廃棄・リサイクルの過程におけるCO2排出量の「新品タイヤ3本+廃棄3回」と「新品低燃費タイヤ1本+タイヤリトレッド2回+廃棄1回」の比較。

資源の有効活用

安心・安全な走行をささえる高品質タイヤメンテナンス

  • 安全運行
  • 経費削減

独自の作業標準で運行をサポート

【メンテナンス項目】タイヤ関連作業においてもブリヂストン独自の作業標準をつくり、それに基づき適切・丁寧な作業を行っています。

  • ············································· 

     適正な空気圧管理を定期的に実施(空気圧低下を抑制する為、窒素充填をお奨めします)

  • ····················································

     車輪配列やタイヤ使用状況に応じた的確なローテーションを実施

  • ····················································

     定期メンテナンスを実施し、リトレッドする適切な時期を管理

  • ····················································

     異物や傷、溝の深さ、摩耗状況等をプロの技でしっかりチェック

  • ····················································

     トルクレンチ等により、規定トルクでしっかりと締め付け
    ※規定トルクでのホイール・ナットの締め付け、並びにホイール・ボルト・ナットの脱落・緩み・折損等異常がないことの日常点検の実施は、「自動車点検基準」(省令)及び「自動車の点検及び整備に関する手引き」(告示)により定められております。

丁寧な清掃と点検

部品を長持ちさせる清掃と、わずかな不具合も見つけ出す点検を細心の注意を図りながら丁寧に行います。

冬場は融雪剤によりハブとホイールの固着が発生しやすい為、 丁寧な清掃が効果的です。

確実なタイヤ装着

車輪脱落防止のために最新のトルク管理機器を使用し、複数回に分けて丁寧に締め付けを実施します。

高精度なトルクセッターを用いて均一な締め付けを行うことで、お客様の安全運行に貢献します。

作業技術力を競う"技能グランプリ"を毎年開催

ブリヂストンタイヤソリューションジャパン(株)では、作業標準を基本にした安全性、丁寧さ、スピードや効率性といった作業技術向上を目的に、毎年技能グランプリを開催。優れた技術を持ったサービスマンにのみ与えられる称号、【技能マイスター】を目指し、全国のブリヂストンタイヤショップのサービスマンが切瑳琢磨する場となっています。

技能グランプリ

点検データに基づくタイヤメンテナンス

お客様のタイヤの使い方を現物現場で確認させて頂き、タイヤのローテーションや交換時期をアドバイスさせて頂きます。これをデジタル化しデータを蓄積することで、例えばリトレッド化するための最適なタイミングの推奨など、効率的なタイヤマネジメントにつなげていきます。

toolbox

タイヤに関する情報をデジタルで管理

お客様のタイヤに関する情報を管理するデジタルツールです。登録情報を分析することで、高い精度で最適なタイヤと使用方法を提案することが可能となり、安全運行に貢献します。

タイヤに関する情報をデジタルで管理

バン・小型トラック/バス用タイヤ

READY for 2050