SUVの心躍る走りのスタイルは、このタイヤから進化する

前後左右、あらゆる方向からの力をしっかりと受け止め、高性能SUVをドライバーの意思に忠実に走らせるハイレベルな運動性能を持つALENZA 001。

「ALENZA 001」は、高性能SUVのパフォーマンスを存分に発揮することを目的に開発した、スポーティなタイヤだ。このタイヤの開発背景を理解するにあたって、ふたつの変化に注目したい。

001の商品情報はこちら
近年において、最も進化を遂げた自動車のスタイルはSUVだろう。動力性能や操縦性が飛躍的に向上したSUVのポテンシャルを存分に発揮するには、それにふさわしいタイヤが必要だった。

まずひとつの変化は、SUVが大きく変わったという事実だ。
かつてのSUVは、スポーツ走行には向いていないとされた。悪路を走破するには最低地上高を高くする必要があり、そのうえで居住空間や荷室の広さを確保するために背が高くなると、おのずと重心の位置も上がった。したがってコーナーを曲がる時にはぐらりと傾き、このロール(横傾き)を抑えるために足まわりを固める必要が生じた。

轍や路面の凹凸をクリアするためにSUVの最低地上高は高くなり、その上でキャビンと荷室のスペースを確保しようとすると、おのずと全高も高くなる。SUVは構造的に重心が高くなるスタイルだが、技術の進化によってそこに起因するネガが克服された。

また、車高が上がりボディのマスが大きくなることと、複雑な4輪駆動システムを搭載することなどでSUVには車体が重くなるという傾向もあった。SUVは、重心が高くて重たいという、ふたつの十字架を背負っていたのだ。したがって、これを俊敏に走らせることは非常に困難だった。

現在、スポーツセダンやクーペに負けずとも劣らない操縦性を備えるハイパフォーマンスSUVが、続々と登場している。

けれども、技術の進化とは素晴らしいもので、世界各国の自動車メーカーのエンジニアたちの奮闘により、ふたつの負の側面は解決された。ボディ構造、サスペンションや駆動システムを進化させることで、SUVはドライバーの意思に呼応するように自由に動き回るようになったのだ。

001の商品情報はこちら

ただし、SUVが自在に走るようになったからといって、セダンやステーションワゴンに比べて重心が高いことや重量があるといった物理的な事実に変わりはない。そこで「ALENZA 001」には、SUVが自由自在に走るための技術を注ぎ込んだ。

001の商品情報はこちら
素材、ブロックの形状、溝の深さなどなど、ブリヂストンが持つタイヤ開発の知見を注ぎ込むことで、ハイパフォーマンスSUVのタイヤに求められる性能を達成した。

一例を挙げれば、チャンファリングという技術だ。これはブロックの端の角を丸くすることで、ブレーキング時にタイヤの変形を制御するテクノロジー。大柄なSUVでブレーキングしてもタイヤの変形が抑えられているから、結果として思いのままに操ることにつながる。

ブロックの端の角を丸める、チャンファリングという技術によって、重量のあるSUVは制動時も安定した姿勢を保持する。

もうひとつの変化は、ドライバーの意識が大きく変わったということだ。
かつてのクルマ好きは自動車のカタログを開くと、最高出力や0-400m加速、あるいは最高速度といったスペックに注目した。けれどもいま、愛車のスペックを誇る人は少ない。

タイムや速度といった数字よりも大事なのは、ドライバーが気持ちよく走れること。このタイヤが大事にしたのは、そうした数値には表れない性能だ。
ドライバーが楽しむだけでなく、環境性能や安全性能を高めて社会と共生すること。今日の高性能タイヤには、そうした要素も求められている。

馬力やタイムよりも、愛車と一体になって、街でもワインディングでも気持ちよく走ることが大事であることに、多くの方が気付いたのだ。同時に、スポーツ走行を楽しむことと、安全や環境へ配慮することを両立させたいというクルマ好きも増えている。多様化するSUVのスタイルが象徴するように、自動車文化が成熟したことで、ドライバーの意識も変わっているのだ。

001の商品情報はこちら
ひとことでSUVといっても、屈強なオフローダーからプレミアムSUV、そしてスポーティなSUVまで多様なスタイルが存在する。タイヤも、それぞれのスタイルにふさわしいものを選びたい。

「ALENZA 001」は、こうした変化にも対応している。例えば、タイヤの主要な原料のひとつであるシリカは、転がり抵抗を抑えて低燃費に貢献する。ただし、シリカ同士が擦れると発熱し、転がり抵抗が増えてしまう。そこで「ALENZA 001」ではナノプロ・テック™採用シリカを配合することで発熱を低減、タイヤ寿命を長く保ちつつ燃費性能を向上させることに成功した。

「ULTIMAT EYE」というブリヂストン独自のシミュレート&解析技術によって、実走行状態の動的なタイヤの挙動を可視化。従来は不可能だった高速走行時の解析を行うことで、より精度の高い開発が実現した。

また、ブリヂストン独自のタイヤ解析技術を駆使することで、リブ中央の接地圧を高め、ウェットグリップ性能も向上させている。クルマのポテンシャルを発揮したり、スポーツ走行を楽しむうえで最も大切なことは、安全だ。「ALENZA 001」は、安全性の確保にも注力したのだ。

001の商品情報はこちら
マルチラウンド・ブロックという技術でリブ中央部の接地圧を高め、制動時のタイヤの接地を最適化することで、ALENZA 001はすべてのサイズでウェットラベリング「b」以上を達成している。

重心が高いことと重量があることは、高度な運動性能と矛盾する関係にあった。しかし、自動車メーカーの技術によって、これを解決した。 同じようにグリップ性能を向上させることと、低燃費、ロングライフは二律背反の関係にあった。相容れないはずだったふたつの要素を、テクノロジーによって両立させたのが、「ALENZA 001」というタイヤなのだ。

その走りが進化し続けるSUV。その運動性能に特化したタイヤだからこそ、思うままに操る喜びを感じてもらえるはずだ。

ハイパフォーマンスSUVのポテンシャルをすべて引き出すタイヤ。それがALEZA 001だ。
001の商品情報はこちら
ALENZA - 進化を続けるSUVには、それにふさわしいタイヤがある ALENZA LX100 - 人にやすらぎを与える場所を、人の感性に寄り添ったタイヤで走る

製品ラインアップ

店舗を探す店舗を探す

ブリヂストンは4つのタイプの店舗を全国に展開し、
良質な製品とサービスをお届けしています。

お近くのタイヤショップを探す外部リンク

BRIDGESTONE COCKPIT タイヤ館 ミスタータイヤマン BRIDGESTONE COCKPIT タイヤ館 ミスタータイヤマン

関連情報

ALENZA 001 商品情報