疲れにくいという安全性能

ブランドコンセプトプレイズ新提案。
新しい安全価値へ。
疲れにくいという
安全性能。

「Playz PX シリーズ」の特長

「非対称形状」が、ストレスの少ない
"疲れにくい" 運転を実現

「非対称形状」が、ストレスの少ない"疲れにくい"運転を実現 「非対称形状」が、ストレスの少ない"疲れにくい"運転を実現 「非対称形状」が、ストレスの少ない"疲れにくい"運転を実現
  • 「非対称形状」が、ストレスの少ない"疲れにくい"運転を実現

    「すべての被験者においてECOPIA EX20/従来品(当社)よりPlayz PXを装着した車両で走行したほうがストレス値は低い結果となりました。これによりPlayz PXは疲れにくいタイヤであるということができます。」満倉靖恵先生(慶應義塾大学理工学部准教授)

  • 「非対称形状」が、ストレスの少ない"疲れにくい"運転を実現

    『脳波信号解析の第一人者である満倉靖恵先生 (慶應義塾大学理工学部准教授) の監修のもと、「好き」「興味」「集中」「眠気」「ストレス」の5つの感性を脳波から簡易的に分析できる感性アナライザ(株式会社電通サイエンスジャムと共同開発)を使用して計測』

「非対称形状」が、ストレスの少ない"疲れにくい"運転を実現 「非対称形状」が、ストレスの少ない"疲れにくい"運転を実現

ウェット性能を確保しつつ、
高いライフ性能と低燃費性能を実現

パワートレッドゴム

シリカ粒径をさらに小さくすることによりポリマーとの接触面積が拡大し、両者の結合が強化され、より一層すり減りにくいゴムを実現。同時に配合技術の改良によりシリカの分散性を向上させ、転がり抵抗悪化の原因となるシリカ同士のすれ合いによるエネルギーロスを低減し、ウェット性能を確保しながらも転がり抵抗悪化を抑制。

ウェット性能を確保しつつ、高いライフ性能と低燃費性能の両立を実現 ウェット性能を確保しつつ、高いライフ性能と低燃費性能の両立を実現 ウェット性能を確保しつつ、高いライフ性能と低燃費性能の両立を実現
  • ナノレベルから、世界を変える。
    ナノレベルから、世界を変える。

    もっと低燃費に。もっと安全に。もっと丈夫に。必要な性能に合わせて、タイヤをナノレベルからコントロール。それが、ブリヂストンのナノプロ・テック™。

  • サステナブルマテリアルを採用
    サステナブルマテリアルを採用

    原材料から見直し、同等性能を持ちながらサステナブルマテリアル化することに成功。

    ※当社では、「継続的に利用可能な資源から得られ、事業として長期的に成立し、原材料調達から廃棄に至るライフサイクル全体で環境・社会面への影響が小さい原材料」をサステナブルマテリアルと位置付けています。

※「Playz PX シリーズ」と、当社スタンダードタイヤ(ECOPIA EX20 シリーズ)との比較。

製品ラインアップ

※1 セダン・クーペ専用タイヤ、ミニバン専用タイヤ、軽・コンパクト専用タイヤは、そのタイヤサイズが主に使用される車種で区分しています。従って、車種別専用設計タイヤのサイズが使用車両の新車装着サイズやオプションサイズ、あるいはサイズ対応が認められているサイズであれば専用車種以外の車でご使用いただいても問題ありません。

店舗を探す店舗を探す

ブリヂストンは4つのタイプの店舗を全国に展開し、
良質な製品とサービスをお届けしています。

お近くのタイヤショップを探す外部リンク

BRIDGESTONE COCKPIT タイヤ館 ミスタータイヤマン BRIDGESTONE COCKPIT タイヤ館 ミスタータイヤマン
タイヤの選び方

シェア