タイヤゼミ開講!

タイヤゼミ WEB講座

スタッドレスタイヤ ブリザックの発泡ゴム「効き持ち」の秘密!

スタッドレスタイヤ ブリザックの発泡ゴム「効き持ち」の秘密!

Facebook ツイートする GooglePlus

氷雪上で安全に走行するためのポイントは
「滑りの原因除去」と「やわらかさで接地」

氷雪上でタイヤが滑る原因は“水の膜“

さまざまな熱で氷が融け、タイヤと氷の間に水の膜が発生。

水の膜によりタイヤが浮いてしまい、氷に密着できなくなるから滑ってしまう。

↓

タイヤが滑る原因は「水の膜」、これを除去する必要がある。

スタッドレスタイヤのPOINT 水の膜を除去 滑りの原因“水の膜”を除去する“発泡ゴム”

ブリヂストンは、「水の膜」を取り除くことにこだわってきました。

アクティブ発泡ゴムイメージ図

発泡ゴム 内部に沢山の「空気の穴(気泡)」と「太い水路」をもつブリヂストン独自のゴムこの気泡と水路がすべりの原因となる、「路面の水の膜を素早く除去」します。

発泡ゴムによる除水イメージ図

水の膜を素早く除去!

スタッドレスタイヤのPOINT やわらかさ やわらかさで接地面を大きくする“発泡ゴム”

やわらかさで接地面を大きくする“発泡ゴム”イメージ図

発泡ゴムはゴム内の空気でやわらかさを実現し、
接地面を大きくしている。
だからしっかり止まる!

また、低温の状態だとふつうのゴムは硬くなりますが、
多数の気泡がクッションの役割をはたすため、寒い日でも発泡ゴムはやわらかいのです。

↓

しかも、効きが長持ち!!

ゴム内に特殊なオイルを混入する方法とは違い、
発泡ゴムの「空気」は硬くならないからやわらかさが持続!

すり減っても新しい気泡がどんどん出てきます!

“効き”と“持ち”を両立するブリザック

氷上ブレーキ性能の比較実験ムービー
  • 氷上ブレーキ性能の比較実験ムービー
もっと詳しく知りたい方はこちら
Facebook ツイートする GooglePlus

関連講座

ブリヂストンのタイヤブランド一覧