タイヤゼミ開講!

タイヤゼミ WEB講座

スタッドレスタイヤの基礎知識 vol.1

雪道・氷道でもへっちゃらな、スタッドレスタイヤ。どうしてちゃんと止まれるの??

Facebook ツイートする GooglePlus

教えてくれるのはCMでおなじみ、タイヤゼミ教授・・・の代理・シロクマ先生!
今回は「スタッドレスタイヤが、冬道でもちゃんと止まれる理由」について、みんなのギモンに答えます。

question

スタッドレスって、どうして冬道でも止まるの?

answer

ヒミツは、タイヤ表面の小さな「穴」と「溝」。

冬道の中でも、特に危険なのは「凍った道」。
実は、氷自体は乾いている状態なら滑らないけれど(冷蔵庫から出したばかりの氷は、乾いていて手で持つのも簡単ですよね?)、表面が解けて薄い水の膜ができることで、ツルツルと滑ってしまいます。
発泡ゴムを使ったブリヂストンのスタッドレスタイヤの場合、滑りにくくなるポイントは、ゴムの表面にある小さな穴。この小さな穴が路面の水の膜を取り除き、滑りにくくするのです。

雪道イメージ
ブリザックの発泡ゴム

もうひとつ、危険なのが「雪道」です。
雪の積もった道では、スタッドレスタイヤの表面に刻まれた“溝”が大活躍。路面の雪をつかんで、後ろにかき出します。また、ブロックの表面に刻まれたジグザグの細かな溝が雪をひっかくことで、安定したドライビングを可能にします。

タイヤ溝
溝が雪をつかんで、かき出します。

夏用タイヤと比べても、冬用のスタッドレスタイヤは、安心感が違います。寒暖の差の激しい日本の冬道に合わせて作られているので、凍った路面でもしっかり止まるんですね。詳しくは私の動画をご覧ください。

  • 小さな「穴」と「溝」が、大活躍ですね!
小さな「穴」と「溝」が、大活躍ですね!
Facebook ツイートする GooglePlus
もっと詳しく知りたい方はこちら
合わせてCHECK!

TVCM

「BLIZZAK VRX」性能差 篇

タイヤの違いで、こんなにも差があらわれることを、様々なアングルから撮影された氷上での映像で表現しています。

「BLIZZAK VRX」性能差 篇
寒くなったらスタッドレスタイヤに交換!

スタッドレスタイヤの基礎知識 vol.2

雪が降ってからじゃ遅い?
スタッドレスタイヤって、
いつごろ買えばいいの?

受講する

関連講座

ブリヂストンのタイヤブランド一覧