REGNO

GREAT BALANCE※

ミニバン

GRVⅡ

※正六角形のシンボルマークは、レグノの性能をイメージ化したものです。

  • GR-Leggera
  • GR-XI
  • GRVⅡ
  • GRV

REGNO GRVⅡは全サイズ「低燃費タイヤ」です。

広い車内空間での高い静粛性を実現

車内空間が広く、特にリアタイヤの上に位置しているサードシート(後席)でのノイズが大きくなる傾向があるミニバンの特性。
さらなる進化を遂げたサイレントテクノロジーが、車内のすべてのシートで音楽、映画、そして会話を楽しめる上質な車内空間を実現。

ミニバンへのノイズ進入

前席だけでなく、サードシート(後席)でもノイズを低減※1

サードシートまで高い静粛性を実現するサイレントテクノロジー

サードシートまで高い静粛性を実現するサイレントテクノロジー

ミニバン特有のふらつきを高次元で低減

「レグノミニバン用サイドチューニング」を採用することで高次元の剛性を確保し、静粛性を犠牲にすることなくふらつきを抑制。コーナリング時だけではなく横風、路面のうねり等の外乱入力時にも、ふらつきの発生を最小限に抑えることで、上質な走りと優雅な乗り心地を実現。

ふらつきと偏磨耗を抑制。

高次元の低燃費性能とウェット性能を両立

ブリヂストン独自技術ULTIMAT EYE™により、トレッドパタンのブロック剛性と排水性を最適化し、ウェット性能を大幅に向上。
低燃費タイヤとして、低燃費性能とウェット性能を高次元で両立。

ブレーキ力分布の比較※2

転がり抵抗比較※3 ウェットブレーキ比較※4(値が小さい方が良)

  • ※1[テスト条件]タイヤサイズ:215/65R16 98H/空気圧:250kPa/速度:60km/h/試験車両:アルファード DAA-ATH20W 2360cc 電気式4輪駆動方式/試験路面:当社プルービング グラウンド内アスファルト舗装路/音圧レベル:前席 REGNO GRVⅡ 55.2dBA、GRV 55.7dBA/後席 REGNO GRVⅡ 56.6dBA、GRV 57.5dBA/計測方法:アスファルト舗装路を走行した時に発生するタイヤ音を測定。騒音計で評価車両運転手の左耳近傍および後席(3列目)右側の席の左耳近傍の音圧を計測。
  • ※2[テスト条件]タイヤサイズ:215/65R16 98H/試験荷重:5.5kN/空気圧:230kPa/試験速度:100km/h/試験場所:当社技術センター室内のタイヤ動的接地面解析装置/試験方法:室内ドラム試験機上で転動させたタイヤに制動力をかけ、タイヤ接地面に発生する制動力を計測
  • ※3[テスト条件]タイヤサイズ:215/65R16 98H/試験荷重:5.88kN/空気圧:210kPa/速度:80km/h/試験法の名称:フォース式/試験場所:当社技術センター室内ドラム試験機
  • ※4[テスト条件]タイヤサイズ:215/65R16 98H/空気圧:250kPa/試験車両:アルファード DAA-ATH20W 2360cc 電気式4輪駆動方式/初速度:80km/h/水深:2mm/路面の種類:アスファルト/ABS作動表示:ABS ON/停止距離(平均):GRVⅡ 30.45m、GRV 35.33m
  • ※上記テスト条件に関するさらに詳細なデータについてはタイヤ公正取引協議会に届けてあります。※タイヤの表示に関する公正競争規約に定められた試験方法で試験を行っております。※試験結果はあくまでもテスト値であり運転の仕方によっては異なります。
タイヤの選び方

シェア