REGNO GR-XI REGNO GR-XI

正六角形のシンボルマークは、
レグノの性能をイメージ化したものです。

上質な静粛性能、優雅な乗り心地、冴えわたる運動性能。
洗練されたグレートバランスが、最高の走りを追求。

※正六角形のシンボルマークは、レグノの性能をイメージ化したものです。

推奨車種 セダン コンパクト推奨車種 セダン コンパクト

REGNO GR-XIは全サイズ「低燃費タイヤ」です。

転がり抵抗係数:A、ウェットグリップ性能:b/65サイズ

転がり抵抗係数:A、
ウェットグリップ性能:b/65サイズ

※ラベリング表示とグレーディングの詳細は、一般社団法人日本自動車タイヤ協会のホームページをご覧ください。

搭載技術

ナノプロ・テック™ ULTIMAT EYE™ LLcarbon WET個向上ポリマー SILICA 高気密インナーライナー リムガード 非対称形状 GUTTⅡ ノイズ吸収シートⅡ ジョイントレス O-BeadⅡ 5ピッチ 3D-M字サイプ ACブロックナノプロ・テック™ ULTIMAT EYE™ LLcarbon WET向上ポリマー SILICA 高気密インナーライナー リムガード 非対称形状 GUTTⅡ ノイズ吸収シートⅡ ジョイントレス O-BeadⅡ 5ピッチ 3Dノイズ抑制グルーブ ACブロック

環境対応

グリーン購入法適合商品 eco-Products エコピア性能グリーン購入法適合商品 eco-Products エコピア性能

特徴

1 高い静粛性と上質な音色を実現 1 高い静粛性と上質な音色を実現

  • 様々な路面でのノイズを抑制

    さらなる進化を遂げたREGNOサイレントテクノロジー。静かで快適な車内空間を追求するため、"路面ごと"の音の違いに着目。綿密な試験/分析/評価を繰り返すことで、走行時の路面ごとのノイズ抑制を実現し、静粛性を向上。

    騒音エネルギー低減率※1 騒音エネルギー低減率※1
  • 心地よさを覚える音色を追求

    東京大学生産技術研究所応用音響工学研究室との共同研究を実施。同研究室で独自の官能評価を重ねた結果、REGNO GR-XIは従来品(GR-XT) に比べて静かで快く、高級感のある音色を実現。

    走行時のタイヤ音に対する官能評価※2 走行時のタイヤ音に対する官能評価※2
通過騒音を抑制 通過騒音とは車が走行する際に、車外に向けて発生する音。タイヤから発生する音も通過騒音の大きな要因となります。通過騒音は環境性能のひとつとして重視されており、REGNO GR-XIは、その通過騒音までも配慮したタイヤです。 通過騒音※3 通過騒音を抑制 通過騒音とは車が走行する際に、車外に向けて発生する音。タイヤから発生する音も通過騒音の大きな要因となります。通過騒音は環境性能のひとつとして重視されており、REGNO GR-XIは、その通過騒音までも配慮したタイヤです。 通過騒音※3
  • ※1[ テスト条件] タイヤサイズ:215/55R17 94V /空気圧:230kPa /速度:60km/h /試験車両:クラウンアスリート DAA-AWS210-AEXXH 2500cc 後輪駆動/試験路面:当社プルービング グラウンドの荒れたアスファルト舗装路/ スムーズなアスファルト舗装路/音圧レベル:荒れたアスファルト舗装路(GR-XI 62.2dBA、GR-XT 62.4dBA)/スムーズなアスファルト舗装路(GR-XI 48.8dBA、GR-XT49.5dBA)/計測方法:各々の路面を走行した時に発生するタイヤ音を測定。騒音計で評価車両運転手の左耳近傍の音圧を計測。
  • ※2[ テスト条件] タイヤサイズ:215/55R17 94V /空気圧:230kPa /速度:60km/h /試験車両:クラウンアスリート DAA-AWS210-AEXXH 2500cc 後輪駆動/試験路面:当社プルービング グラウンド内アスファルト舗装路/計測方法:アスファルト舗装路を走行した時に発生するタイヤ音を評価車両運転手の左耳近傍付近で録音。その音声を無響室で再生し、12 名の被験者にてSD 法による官能評価を実施。/被験者:一般ドライバー12 名/音圧レベル:GR-XI 62.3dBA、GR-XT 62.7dBA
  • ※3[ テスト条件] タイヤサイズ:215/55R17 94V /空気圧:180kPa /速度:80km/h /試験車両:セルシオ E-UCF20 3968cc 後輪駆動/音圧レベル:GR-XI 67.2dBA、GR-XT 68.4dBA
  • ※上記テスト条件に関するさらに詳細なデータについてはタイヤ公正取引協議会に届けてあります。
    ※タイヤの表示に関する公正競争規約に定められた試験方法で試験を行っております。※試験結果はあくまでもテスト値であり運転の仕方によっては異なります。

高い静粛性を実現するサイレントテクノロジー

高い静粛性を実現するサイレントテクノロジー 高い静粛性を実現するサイレントテクノロジー
  • 「パタンノイズ」とは パタンデザインに起因する音で、「ヒュー」「シャー」といった高周波音域の音のことです。 「パタンノイズ」とは パタンデザインに起因する音で、「ヒュー」「シャー」といった高周波音域の音のことです。 パタンノイズを低減 パタンノイズを低減 AサイレントACブロック ブロック表面を3次元曲面にすることで、路面とブロックの接地により発生するノイズを吸収。摩擦時の静粛性までも向上。 Bバリアブルピッチ 各ブロックのピッチ(周方向長さ)をランダムに配列し、パタンノイズの大幅低減を実現しました。 気柱管共鳴音を低減 C3Dノイズ抑制グループ 1つの消音器で2本の溝の気柱管共鳴音を低減することができる「ダブルブランチ型消音器」を採用することで、更なる静粛性向上を実現。 AサイレントACブロック ブロック表面を3次元曲面にすることで、路面とブロックの接地により発生するノイズを吸収。摩擦時の静粛性までも向上。 Bバリアブルピッチ 各ブロックのピッチ(周方向長さ)をランダムに配列し、パタンノイズの大幅低減を実現しました。 気柱管共鳴音を低減 C3Dノイズ抑制グループ 1つの消音器で2本の溝の気柱管共鳴音を低減することができる「ダブルブランチ型消音器」を採用することで、更なる静粛性向上を実現。
  • 「ロードノイズ」とは タイヤと路面が接地することによって発生する振動がタイヤサイド部を伝わり車内へと聞こえる「ゴー」「ガー」といった低周波音域の音のことです。 「ロードノイズ」とは タイヤと路面が接地することによって発生する振動がタイヤサイド部を伝わり車内へと聞こえる「ゴー」「ガー」といった低周波音域の音のことです。 ロードノイズを低減 ロードノイズを低減 Dノイズ吸収シートⅡ 地面からの振動により引き起こされるベルトの振動がノイズとなり、車内に伝わっています。「ノイズ吸収シート2」がベルトの振動を抑え車内へのノイズの伝わりを低減し、静かな走行を実現。 E3Dノイズカットデザイン 「3Dノイズカットデザイン」を採用することで、ショルダー部にクッション効果をもたせ、トレッド部からの振動をやわらげサイド部へ伝わりにくくし、ロードノイズを低減。 Dノイズ吸収シートⅡ 地面からの振動により引き起こされるベルトの振動がノイズとなり、車内に伝わっています。「ノイズ吸収シート2」がベルトの振動を抑え車内へのノイズの伝わりを低減し、静かな走行を実現。 E3Dノイズカットデザイン 「3Dノイズカットデザイン」を採用することで、ショルダー部にクッション効果をもたせ、トレッド部からの振動をやわらげサイド部へ伝わりにくくし、ロードノイズを低減。

2 優雅な乗り心地と応答性の良いハンドリングを実現 2 優雅な乗り心地と応答性の良いハンドリングを実現

ブリヂストン独自技術ULTIMAT EYE™(アルティメット アイ)により、高い直進安定性と応答性の良いハンドリングを実現。さらに「レグノサイドチューニング」を採用することで、静粛性を犠牲にすることなくふらつきを抑制し、幅広い車種にマッチした優雅な乗り心地を実現。

  • ULTIMAT EYE™技術採用により、高次元な操縦安定性を追求。 タイヤ接地面に発生するコーナリング力分布のシミュレーションと計測・可視化技術を最適化することにより、センター部の接地性を向上させることで、高い操縦安定性を実現。 ULTIMAT EYE™技術採用により、高次元な操縦安定性を追求。 タイヤ接地面に発生するコーナリング力分布のシミュレーションと計測・可視化技術を最適化することにより、センター部の接地性を向上させることで、高い操縦安定性を実現。
  • コーナリング力分布比較 (タイヤ接地面に発生するコーナリング力を計測)※5 コーナリング力分布比較 (タイヤ接地面に発生するコーナリング力を計測)※5
  • レーンチェンジ時の横G変動比較※4 レーンチェンジ時の横G変動比較※4
  • レーンチェンジ時のコーナリング力イメージ レーンチェンジ時のコーナリング力イメージ
  • 非対応称形状 非対応称形状 非対応称形状 非対応称形状
  • 非対応パタン 非対応パタン 非対応パタン 非対応パタン

3 高次元の低燃費性能とウェット性能を両立 3 高次元の低燃費性能とウェット性能を両立

  • ナノプロ・テック™ 採用によって、高次元の低燃費性能を確保しながら、ウェットブレーキ性能を大幅に向上。

  • ウェットブレーキ比較※1(値が小さい方が良) ウェットブレーキ比較※1(値が小さい方が良)
  • 転がり抵抗比較※2(値が小さい方が良) 転がり抵抗比較※2(値が小さい方が良)
サイドデザイン サイドデザイン
  • ※1[ テスト条件] タイヤサイズ:215/55R17 94V /試験荷重:5.0kN /空気圧:230kPa /試験速度:100km/h /試験場所:当社技術センター室内のタイヤ動的接地面解析装置/試験方法:室内ドラム試験機上でタイヤを転動し、タイヤ接地面に発生するコーナリング力を計測
  • ※2[ テスト条件] タイヤサイズ:215/55R17 94V /空気圧:230 kPa /試験車両:クラウンアスリート DAA-AWS210-AEXXH 2500cc 後輪駆動/試験速度:100km/h /試験場所:当社プルービング グラウンド/路面の種類:アスファルト/路面の状態:ドライ
  • ※3[ テスト条件] タイヤサイズ :215/55R17 94V /試験荷重 :5.26kN /空気圧 :210kPa /速度 :80km/h /試験法の名称 : フォース式/試験場所 : 当社技術センター室内ドラム試験機
  • ※4[ テスト条件] タイヤサイズ:215/55R17 94V /空気圧:230kPa /試験車両:クラウンアスリート DAA-AWS210-AEXXH 2500cc 後輪駆動/初速度:80km/h /水深:2mm /路面の種類:アスファルト/ ABS 作動表示:ABS ON /停止距離( 平均):GR-XI 31.70 m、GR-XT 34.16 m※上記テスト条件に関するさらに詳細なデータについてはタイヤ公正取引協議会に届けてあります。※タイヤの表示に関する公正競争規約に定められた試験方法で試験を行っております。※試験結果はあくまでもテスト値であり運転の仕方によっては異なります。

(2017年6月更新)

製品ラインアップ

  • REGNO GR-Leggera REGNO
    GR-Leggera
     

    "REGNO"の名を持つに相応しい性能を持つ軽自動車専用GR-Leggera。ワンランク上の静粛性、乗心地であなたの車はタイヤで変わる。

  • REGNO GR-XI REGNO GR-XI  

    上質な静粛性能、優雅な乗り心地、冴えわたる運動性能。洗練されたグレートバランスが、最高の走りを追求。

  • REGNO GRVII REGNO GRVII  

    音楽や会話が穏やかに満ちてくる、静かで快適な乗り心地。ミニバンは心やすまるリビング空間に近づいてくる。

店舗を探す店舗を探す

ブリヂストンは4つのタイプの店舗を全国に展開し、
良質な製品とサービスをお届けしています。

お近くのタイヤショップを探す外部リンク

BRIDGESTONE COCKPIT タイヤ館 ミスタータイヤマン BRIDGESTONE COCKPIT タイヤ館 ミスタータイヤマン
タイヤの選び方

シェア