最速を追及した、リアル・スポーツPOTENZA

ポテンザ アールイー・ナナイチアール POTENZA RE-71R

NEW For Real Sport

いまも伝説として語り継がれる、POTENZA RE71。
そのフィロソフィーを受け継ぎ、"最速"にこだわるPOTENZA RE-71R
ストリートラジアルPOTENZA史上最速を実現したドライグリップとハンドリング性能は、
"71"を名乗るに相応しい。

POTENZA RE-71R

スポーツ

転がり抵抗係数:C ウェットグリップ性能:b/18サイズ
転がり抵抗係数:C
ウェットグリップ性能:b/18サイズ

アイコン

1 サーキットのあらゆるシーンでハイグリップを発揮

ブリヂストン独自技術「ULTIMAT EYE™」採用により、
サーキット走行で想定されるタイヤの動きを細部まで計測。
モータースポーツタイヤ開発で培ったハイグリップポリマ
ーと、補強剤の最適化により、路面に吸い付くような高い
グリップ力を実現。

徹底したシミュレート&計測技術により「RE-71R専用ハイグリップコンパウンド」を開発。
路面との接地性を高め、ハイグリップを実現する「RE-71R専用ハイグリップコンパウンド」 RE-71Rは接地面積が広く、タイヤ全体でしっかり路面をつかむ。

2 ドライバーの感性と一致するステアリングフィール

POTENZAの原点に回帰した方向性パタン。溝の適正配置
によってウェット路面排水性を効率化。また、路面との接
地面積を最大限確保し、高いグリップ力と操縦安定性を実
現。ステアリングの切り始めからコーナリング中まで、ド
ライバーの感性と一致するステアリングフィールを追求。

ドライアップタイム短縮を可能にするRE-71Rテクノロジー

コーナリングスピードの差がラップタイムの差を生んだ CORNERING SPEED

コーナリングスピード比較 コース図 平均速度RE-71R 2.4%向上
  1. ※1 [テスト条件] タイヤサイズ:265/35R18 97W XL/試験荷重:7.5kN/空気圧:240kPa/試験場所:当社技術センター室内のタイヤ動的接地面解析装置/試験方法:室内試験機上でタイヤを圧着し、タイヤ接地面に発生する接地状態を計測
  2. ※2 [テスト条件] タイヤサイズ:215/45R17 91W XL/空気圧:240kPa/試験車両:トヨタ86 DBA-ZN6 2000cc 後輪駆動/試験場:筑波サーキットコース2000/ドライバー:当社委託プロドライバー/計測方法:GPSデータ記録装置にて車速及び走行ラインを各5回計測し、最速ラップ同士で比較/A地点の速度:RE-71R 117.9km/h、RE-11A 114.7km/h/B地点の速度:RE-71R 134.5km/h、RE-11A 131.1km/h/A~B区間の平均速度:RE-71R 124.3km/h、RE-11A 121.4km/h
  • ※上記テスト条件に関するさらに詳細なデータについてはタイヤ公正取引協議会に届けてあります。
  • ※タイヤの表示に関する公正競争規約に定められた試験方法で試験を行っております。
  • ※試験結果はあくまでもテスト値であり運転の仕方によっては異なります。

おすすめコンテンツ

  • HOW TO ENJOY POTENZA RE-71Rは、こうして味方につける!!
  • POTENZA RE-71R CIRCUIT IMPRESSION (c) TSUKUBA COURSE 2000 自動車評論家が体感した「RE-71R」のパフォーマンス
タイヤの選び方

シェア