ブランドコンセプト そのSUVをもっとプレミアムにするために。 ブランドコンセプト そのSUVをもっとプレミアムにするために。

ときとして足元の表情から、煌めく存在感を放つ人と擦れ違うことがある。それは自らの表現を知り尽くしたものだけが辿り着く、さりげなく、しかし究極の演出力というべきものだ。価値あるSUVを、足元からさらにひとつ上のステージへ。ブリヂストンのデューラー、それは SUVをプレミアムにするだけではない、あなたのプレミアムさえ、いっそう輝かせていく。

DUELER
開発ストーリー

Chapter1DUELERの歴史

DUELERの誕生

最初は名前をデザートデューラーとしていて、砂漠は少し違うのですが、あらゆる路面での強さ、タイヤの面での強さを求めようということで開発を始めました。80年代の後半になってくると、デザートという名前にとらわれて使い方が限定されてくるということで、多様化してきているクルマに対応するために、デューラーという名前で一本化しようということになりました。クルマに対応して、商品の幅を広げていこうということです。

 

A/T、M/Tの開発そしてSUVの時代へ

最初はオールテレーン(A/T)という商品の開発でした。オールテレーンというのはまさしく、あらゆる路面というか、使用目的に応じて様々な路面を走れるタイヤのイメージです。それから次に、山の中の悪路など、もっと過酷な状況で走れるタイヤということで、マッドテレーン(M/T)を開発しています。
80年代後半からはシティクロカンという、いわゆる街中を走る4駆というものがだんだん出始めて、そういったクルマに対してオンロードユースに特化したタイヤに開発を広げてきています。

 

さらなる進化へ

4駆のタイヤはいろいろな使い道がありますし、これからまたいろいろなクルマが出てくると思います。世界でもクルマの使い方はいろいろですから、今後もラインナップの幅を広げていきたいと思っています。

 

Chapter2A/Tの
開発コンセプト

A/Tの開発コンセプト

A/Tのコンセプトは、あらゆる路面でのトラクションとマイレージです。それをベースにして、オンロード性能も加味するために、ブリヂストンの基盤技術であるAQドーナツで格差付けしよう、ということで開発を進めました。

 

こだわりぬいたデザイン

性能面はもちろんですが、実はA/Tに関していちばん力を入れたのは外観です。これは、タイヤが大きいために、クルマにつけた状態だとタイヤが非常に目立つためです。普通の自動車と違ってタイヤがよく見えます。デザインでは、サイドデザインもそうですが、パターンについても気を使いました。デザイングループという、ブリヂストンのタイヤパターンを設計・デザインする部門がありますが、彼らと、販売部門も一緒になって、日本で行ったお客さまへのインタビューをもとにデザインを磨き上げました。デザインと性能の両立ができたのではないか、ということで我われは誇りに思っています。

 

Chapter3H/Lの
開発コンセプト

H/Lの開発コンセプト

H/Lという商品はハイウェイラグジュアリーという意味です。イメージとしては、マンハッタンの街中を、正装して、SUVで高級レストランや高級シアターに降りる感じです。そのクルマにつくタイヤのイメージということで、H/Lという言葉を作りました。当時、いわゆる4駆の商品の中で、ブリヂストンが初めてハイウェイラグジュアリーというコンセプトを生み出したのですが、結果、アメリカをはじめグローバルで非常にヒットしました。

 

静かさとSUVらしさの両立

4駆で街中を走るとき、そこで要求されるのは静かさです。ただそうは言っても4駆のなかでの静かさですから、パターンもあまり乗用車みたいな形では面白くないので、SUV的な力強いイメージを残しながら静かさを実現することを目指しました。そこが一番苦労した点です。H/Lは、オフも少し走れるけれども、主体はオンロードというタイヤです。

 

Chapter4H/Pの
開発コンセプト

H/Pの開発コンセプト

ちょうど1990年ごろ、その当時はまだクロカン4駆の時代でした。ただ、「もっと先を見ようよ」と、「10年、15年先を見ようよ」というふうに考えたときには、絶対に4駆もオンロード専用のSUVというものが出るのでは、ということで、設計、デザイン、それからマーケティングの若手プロジェクトができました。自発的なものです。そこでH/Pのタイヤの先行開発を始めたのですが、あまりにも先に飛びすぎていて、一部のユーザーというか、マニアのユーザーしか使ってくれませんでした。クルマよりもタイヤのほうが、オン用に進んでいた時代です。だんだんクルマが追いついてきた頃、H/P680というオフロードのイメージをもったオンロードタイヤを発売しました。

 

H/P SPORTへ

1990年代の終わりから2000年代になると、クルマメーカーがこぞって高級SUVを発売するようになりました。そういった商品に対して来年(2006年)に新発売されるのがH/P SPORTです。高級SUVですから、ほとんど乗用車のスポーツカーです。シンプルに言えば「背の高いスポーツカー」のイメージですから、それに求められる性能ということで、高速安定性とドライ・ウェットのハンドリングを重視して開発してきました。

 

DUELER
ブランドポジショニング

ドライ性能 ウェット性能 静粛性 乗り心地 ダート性能 マッド性能 浅雪性能 低燃費性能3.5 直進安定性5 ドライ性能5 ウェット性能5 静粛性4 乗り心地4 ライフ性能5 ダート性能- マッド性能- 浅雪性能- 低燃費性能- 直進安定性4 ドライ性能4 ウェット性能4 静粛性5 乗り心地4.5 ライフ性能5 ダート性能- マッド性能- 浅雪性能2 低燃費性能- 直進安定性3 ドライ性能3 ウェット性能3.5 静粛性3 乗り心地3 ライフ性能5 ダート性能3 マッド性能3 浅雪性能3.5 低燃費性能- 直進安定性2 ドライ性能2 ウェット性能3 静粛性2 乗り心地2 ライフ性能5 ダート性能4 マッド性能5 浅雪性能1.5
  ドライでもウェットでもハイレベルな運動性能を発揮する、低燃費性能、ライフ性能をも兼ね備えた、プレミアムSUV のためのハイパフォーマンスタイヤ。 SUVに求められる静粛性、低燃費性能を大幅に向上させ、全ての性能をグレードアップ。 様々な道でのゆるぎない路面走破と快適な走りを両立したオールステージタイヤ。 ハードなマッドステージをも走破する本格派オフロードタイヤ。
  製品特徴 サイズ表 製品特徴 サイズ表 製品特徴 サイズ表 製品特徴 サイズ表
スクロール
タイヤの選び方

シェア