タイヤサイズの変更

タイヤサイズの変更

この特性を理解した上で、タイヤサイズの変更が可能です。外径を変えずにリム径の大きいタイヤへの変更は“インチアップ”といわれます。

インチアップ

低偏平率タイヤ(ロープロファイルタイヤ)への交換は、一般的に以下の特徴が考えられます。 これをご理解いただいた上、「乗用車用ラジアル・タイヤサイズ対応表」を参考に、タイヤ販売店にご相談いただき、タイヤをお選びください。

特徴

  1. 1操縦安定性が向上する
  2. 2コーナリング性能が向上する
  3. 3ブレーキング性能が向上する
  4. 4乗り心地が硬めになる
  5. 5走行音が大きめになる

注意点

タイヤの負荷能力に注意!
タイヤのサイズ毎に決められているロードインデックス(車重を支える能力、負荷能力)が標準のサイズに対して下回らないよう、ご注意ください。
タイヤの外径にも注意!
外径が変わると、スピードメーターの誤差や車体への接触が生じる場合があります。
車体への接触、及び車枠やフェンダーからのはみ出しは禁止!
ロープロファイルタイヤへの交換は幅が広くなることがありますが、車体への接触や車枠やフェンダーからのはみ出しは法規上認められません。

乗用車用タイヤ よくあるご質問

Q1 乗用車用タイヤは製造から販売までの在庫期間中に性能変化するの?
A1 適正に保管された新品タイヤの雨の日のブレーキ性能は、3年間はほぼ同等の性能を保つことが確認されています。詳細データ等はホームページ(http://tire.bridgestone.co.jp/search/)をご参照ください。
Q2 左右非対称で回転方向指定のないパタン(REGNO、Playz等)は回転方向の違い(溝の向き)によって走行時、排水性などの性能差はないの?
A1 雨の日の加速性能、ブレーキ性能に差が出ないことを確認しております。
「INSIDE(内側)」と「OUTSIDE(外側)」の表示に従って装着してください。

(2015年6月更新)