氷雪上での安全運転5つのポイント

1. 発進時はゆっくり、タイヤの空転は禁物!

  • アクセルの踏み込みはゆっくりと
  • 動き出しても急がず徐々に加速

2. カーブはゆっくりと!

  • カーブの手前で十分減速
  • コーナリング中は急ブレーキ、急加速、急ハンドルを避け一定のスピードで
  • 特に下りカーブはエンジンブレーキを上手に活用

3. 坂道発進・峠走行は余裕をもって!

  • 発進はゆっくり、空転は禁物、一度滑ったらその場所を使わず新しいレーンで路面をよくつかみながら再発進
  • 走りにくい路面が多い冬道走行では緊急脱出用にチェーン等を準備

4. ブレーキはソフトに、タイヤロックは禁物!

  • 冬道は通常より制動距離が長くなるため、車間距離を長めに
    (凍結路は乾燥路に比べて8倍の停止距離が必要)
  • エンジンブレーキを使い、十分減速してソフトブレーキを!
  • タイヤがロックしたらブレーキを緩め、再度ソフトブレーキを!

ブレーキの踏み込みとブレーキの効き

5. 4×4、ABSの過信は禁物!

  • 高性能車、高機能車でも慎重な運転を

路面状態と制動距離

※冬道は滑りやすいので「急」のつく運転操作は行わないで下さい。